仁張工作所が考える『ブランディング』

仁張工作所が考える『ブランディング』

『中小企業にとってこそブランディングが大切である』…約20年前にとあるセミナーで私は教わり、ずっと強く思い続けてきました。そこでは「ブランディングとは、商品や製品、企業そのものなどの【価値】を伝えていくことであって、自然体、いわゆる“らしさ”や“ありたい姿・方向性”などを伝えていくこと」だと教わりました。だからちまたに溢れた「これをすれば劇的に売上が増える」などといった刹那的な物ではなくて、長い時間をかけて試行錯誤しながら育てていくものだと教わり、共感をおぼえました。昔と違いインターネットで情報が溢れ、商品の差別化が難しくなってきた昨今、そういったことに力を注ぐことが、“中小企業・町工場が生き残ることができる大きな手段である。”と強く思っています。

仁張工作所らしさを表現すること=ブランディング。そこでは具体的に以下の3つのことが大事である、と私は考えます。

一つ目は、『市場やイメージするお客様のニーズと自社の得意なこととの交わりの部分で取り組む』ということです。お引き合いを頂き、製品実現をしていく中、設計から完成までできる町工場としての自社の強みをいかして、自分たちの作り易いように改良改善を加えていく、製品レベルを向上させていく、そういった取り組みが大切だと考えます。

二つ目は、『採算が合う、きちんと利益を出せる一方、お客様にはリーズナブル感を感じていただける製品提供を目指す』ということです。お客様との永続的な関係性を保つためにも、リピートのご依頼をいただくことで製造習熟を実現していくためにも、このことは必要不可欠だと考えます。

そして三つ目は『できることや得意なことなどを、伝えること知ってもらうことがとても大切で、自社におけるその一番有効な手段はWEB・ホームページである』ということです。ブログ記事を書いたり、写真や動画で発信すること、それらを地道に続けていくことで知っていただくこと、イメージをつけていただくことを目指していきます。

以上3つの具体策で、仁張工作所の“価値を伝える”ということ。

時代に沿った新技術の習得に取り組みながら『機能面』での価値の提供に取り組むとともに、雰囲気やデザインなどで“なんとなく良さそう…”といった『情緒面』での価値提供にも取り組んでいきたい、そんな風に思っています。仁張工作所は社員みんなの共感の下、熱をもってこの【町工場のブランディング】に取り組んでまいります。

仁張工作所

nimbari

SEARCH

CATEGORY

KEYWORD

  1. オーダーメイド
  2. オリジナル商品
  3. オーダーメイドロッカー
  4. スチール家具
  5. 設計技術
  6. スポーツロッカー
  7. 貴重品ロッカー
  8. パーソナルロッカー
  9. オフィス家具
  10. スマートロッカー
  11. 設置
  12. オーダーカラー
  13. デザインロッカー
  14. ラインスクエア
  15. ワークロッカー
  16. 試作提案
  17. クラブハウスロッカー
  18. 消防署向け防火衣ロッカー
  19. ワイドドロア
  20. マップケース
  21. 共同開発
  22. ご挨拶
  23. 既存品撤去・廃棄処分
  24. 壁面収納家具
  25. 着替えロッカー(更衣ロッカー)
  26. 木目調
  27. クラブチーム用ロッカー
  28. スタジアムロッカー
  29. 工場什器
  30. スクールロッカー
  31. メールボックス
  32. 品質
  33. ロッカー型自動販売機
  34. 納骨ロッカー
  35. プロスペック
  36. 展示ケース
  37. ステンレス
  38. 制御盤
  39. テンキー錠
  40. 板金加工医術

GO TOP