スチール家具の要素技術を集約

「創業以来のスチール家具要素技術を集約」

昭和39年の創業以来、“別注スチール家具”を生業の柱として提供して参りました。

多岐に渡る業界に、“使い勝手の良さ、空間にマッチしたレイアウト構成、洗練されたデザイン、”など、お客様のご要望の製品を、オーダーメイドで設計・製作することで、期待に応えて来ました。

掲載の【オーダーサイズでの壁面収納家具】は、最適空間を提供すべく、今までの要素技術を集約した商品群となります。

スチール家具の要素技術を集約

当社の特徴は、スチール家具の設計・製作において“実績が豊富で、要素技術やノウハウが集積されていること”です。スチール家具は、『片開き』・『両開き』・『オープン』・『引出』・『引戸』などがその代表的な構造であり、それらはもとより、それ以外の便利な構造、例えば『収納式扉』・『シャッター構造』などの製品実現も可能であることが、強みです。

また、自社設計、自社塗装であることも大きな強みであり、(量産工場のライン生産では対応困難な)本当に欲しいオーダーメイド・オーダーサイズ製品を、リーズナブル格帯で、ご提供することが可能です。

更には、(市販品では通常0.7ミリ厚の鋼板を使用するところ)、当社では0.8ミリ厚以上の鋼板を用い、必要に応じて補強材を溶接するなど、“丈夫さ”を重要視していることも特長のひとつです。

これらは、いずれも長年の経験からくるノウハウとなっており、日々要素技術の蓄積、データベース化に力を注いでいます。

お客様志向の製品提供を

今後、更に伸ばしていきたいのは、自社設計・自社制作の強みを活かした、“お客様が欲しいスチール家具”の逸品的なものづくりです。同業界様・工務店様・設計事務所様・代理店様・・・。弊社のことを知っていただき、一緒に仕事をさせて頂くことで、徐々に頼っていただけるような良い関係を築き上げていきたい、と考えております。

その為にも様々なニーズに応える製品づくりをできるべく、技術会社としての知識・ノウハウを増やしていきたい、と考えます。

仁張工作所

nimbari

SEARCH

CATEGORY

GROUP

GO TOP